本文へスキップ
岩田榮吉の世界

岩田榮吉の作品

 作品点描(22)
  「王様」(その2)


岩田の「王様」は様々なオブジェとともに登場し、様々な側面を見せます。とりわけ重要な意味を持つオブジェは、「本」、「地図」、「ピッチャー」、「大理石の立方体」などです。まず「本」から見てみましょう。《公爵》 (画集№39)の画中の2冊の本は背表紙に「フランスの歴史」、「いなかもの」とあります。《書棚(トロンプルイユ)》(画集№52)では「ポエジー」、「版画」、「フランス・ハルス」、「レンブラント」などの文字を読み取ることができます。

「地図」は、《公爵》(画集№105)に登場しますが、「王様(公爵)」はフランスの上に立っています。「ピッチャー(またはデカンタなど)」は、《王様と酒壺》(画集№100)にも登場していますが、ワインが満たされています。そして「大理石の立方体」、これは文鎮として用いられているもので、古今東西の詩歌や知識が散逸し消滅してしまわないよう押さえる働きをしています。

明治以降、「ヨーロッパとは何か」という問いは西欧文化に関わる日本人にとって大きな課題であったと言えるでしょう。岩田も例外ではありません。そしてその一つの答えを、この人形に託したようです。


《公爵》 1970年
《公爵》(1970年 画集№39)


《書棚(トロンプルイユ)》 1974年
《書棚(トロンプルイユ)》(1974年 画集№52)


《公爵》 1980年
《公爵》(1980年 画集№105)



作品点描(23)~《薔薇の貴婦人》へ進む
作品点描(21)~「王様」(その1)へ戻る

ナビゲーション

バナースペース